卒業生代表のことば / 遠野未咲

卒業生代表のことば / 遠野未咲(広瀬すず)
( 映画 「ラストレター」 より抜粋 )


卒業生代表のことば

本日私達は、卒業の日を迎えました。高校時代は、私達にとっておそらく生涯忘れがたいかけがえのない思い出になることでしょう。

将来の夢は、目標はと問われたら、私自身まだ何もわかりません。でもそれでも良いと思います。私達の未来には無限の可能性があり、数え切れないほどの人生の選択肢があると思います。ここにいる卒業生一人ひとりが、いままでもそしてこれからも他の誰とも違う人生を歩むのです。

夢を叶える人もいるでしょう。叶えきれない人もいるでしょう。辛いことがあった時、生きているのが苦しくなった時、きっと私達は幾度もこの場所を思い出すのでしょう。

自分の夢や可能性がまだ無限に思えたこの場所を、お互いが等しく尊く輝いていたこの場所を。


卒業生代表 遠野未咲

「天のほうそく」 まど・みちお

天のほうそくはむげんにある

このよは天のほうそくのほうこだ

ほうこを あけるカギは

このよでなにをするか なのだろう

あけて でてきたものが

かつてこのよになかったものであるとき

天はほほえまれる

いまのこの一しゅんに

このほしにいきる一つぶのわれらが

そのものをどのようにつかいこなすかを

みまもっていてくださりながらに